メニュー

閉じる

PROFILE


杉本 和隆Kazutaka Sugimoto

関節疾患の専門医として、患者のQOL向上を目指して人工関節手術の技術向上と普及に努めてきました。現在考えられる最良の人工関節手術"MIS QS"を行える日本では数少ない専門医のひとりです。またスポーツ整形の第一人者として、東京ヴェルディ-1969チームドクター、相撲力士、プロボクサー、キックボクサー、総合格闘技、プロゴルファー、体操選手、バレーダンサー、バトミントン、高校大学スポーツ部などに渡り治療、サポート。数多くの一流選手から信頼を得ています

PROFILE


杉本 和隆Kazutaka Sugimoto

関節疾患の専門医として、患者のQOL向上を目指して人工関節手術の技術向上と普及に努めてきました。現在考えられる最良の人工関節手術"MIS QS"を行える日本では数少ない専門医のひとりです。またスポーツ整形の第一人者として、東京ヴェルディ-1969チームドクター、相撲力士、プロボクサー、キックボクサー、総合格闘技、プロゴルファー、体操選手、バレーダンサー、バトミントン、高校大学スポーツ部などに渡り治療、サポート。数多くの一流選手から信頼を得ています

BestDoctors 2014-2015

Best Doctors

ベストドクターズ社BestDoctors in Japanとは

ピアレビュー調査によって行います。対象は日本全国で、ベストドクターズ社の本調査は中でも同じ専門分野の医師同士による評価で、医師のみによる調査となり得られる評価は客観的なものとなっているのが他社の調査との違いとなります。

BestDoctors in Japanになられた先生方に、同じ専門または関連分野で活躍されている他の先生方について「先生ご自身またはご家族の治療を自分以外の誰に委ねるか」という観点から推薦・評価をお願いし、その集計によりBestDoctors in Japanが決定します。

その結果、杉本和隆は「BestDoctors in Japan 2014-2015」に選出されました。

※杉本和隆はベストドクターズ(BestDocters 2010-2011)にも選出されています。

出身大学

日本大学医学部

所属学会

日本整形外科学会
日本人工関節学会
日本関節病学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本臨床スポーツ医学会
日本リウマチ学会
東日本整形災害外科学会
JOSKAS
American Orthopaedic Society(AOS)
International Society of Technology Arthroplasty(ISTA)
International Congress of Joint Replacement(ICJR)

認定医資格

日本医師会スポーツ指導医
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ専門医
日本整形外科学会リハビリテーション専門医
日本整形外科学会リウマチ専門医
身体障害者認定医
BestDoctor Award2010~2014

委員会

中国整形外科学会 Editorial Board Member(2011~2014)

略歴

1995 日本大学医学部卒業
1995 日本大学整形外科入局
2000 日本大学整形外科学教室助手
2000 川口市立医療センター
駿河台日大病院整形外科
2003 独立行政法人国立災害医療センター
NewYork Hospital for Special Surgery Travelling Fellow
2006 苑田会人工関節 スポーツセンター長
杉本再生医療研究所 院長 就任
2010 苑田会人工関節センター病院 院長 就任
一般社団法人人工関節を語る若手研究会理事長
2015 一般社団法人国際医療協力センター顧問
2016 首都大学東京 客員教授
2017 九州医療スポーツ専門学校 顧問
医療連携ネットワーク協会 理事長